FC2ブログ

超入門Excel関数・VBA

エクセルVBA

・基本

基本

マクロの記録

マクロの実行

記録したマクロの統合・呼び出しを行う

VBA編集画面に関して

VBA編集画面のツールバーの設定

オプション設定に関して

処理の新規作成・削除、保存と読込に関して

標準モジュールとプロシージャについて

処理のテスト方法(ステップイン)

処理のテスト方法(入力カーソルを使用する)

処理のテスト方法(再生と停止)

イミディエイトウィンドウに関して


・セル関連

セルの指定(アクティブと選択の違い)

セルの指定(範囲指定)

選択の基本2

選択範囲を追加する

セルへの値入力の基本1

セルへの値入力の基本2

移動の基本

情報を取得する

コピー、切り取り、貼り付け

挿入

選択の応用

空白セルに移動する

範囲内に空白以外のデータがあるかを調べる


・変数関連

基本 / 宣言の基本 / 宣言の基本2 / 宣言の基本3

変数型の詳細 / 変数の重要な話

計算をする


・If、Select分岐関連

If分岐 基本 / Select分岐 基本


・ループ処理関連

基本

Do Until(成り立つまでループ)

Do While(成り立つ間ループ)

Do 途中判定と応用

For 基本

変数で回数を指定する

空白や指定した列、行数までの移動


・メッセージ表示関連

メッセージを表示する

文章入力に関して


・イベント関連

基本 / ブック / シート


・ファイル、フォルダ関連

同じ箇所にフォルダを作成する


・関数関連

Fix関数


・その他

ユーザー関数 volatileの注意点

オフセットとセルの結合に関して 参照する時等

オフセットとセルの結合に関して 移動する時


・実践

アンケートシートを作成する1 / ←2

←3 / ←4

VBAユーザーフォーム

・基本

基本


埋め込み型

・フォームコントロール

ボタン

コンボボックス

リストボックス

チェックボックス

オプションボタン

スピンボタン

スクロールバー

入力フォームを作ってみる(概要説明)

入力フォームを作ってみる(氏名、管轄)

入力フォームを作ってみる(売上集計日)

入力フォームを作ってみる(商品情報)

入力フォームを作ってみる(実データの入力範囲)

入力フォームを作ってみる(登録処理の作成)

入力フォームを作ってみる(仕上げ)


表示型

・基本

基本(フォームの新規作成方法)

コントロールの位置とサイズ調整方法

複数のコントロールの位置とサイズ調整方法

コントロールのレイヤー設定

コントロールに処理構文を作成する


・コントロール

スピンボタン


・イベント

基本

AfterUpdate(入力内容の確定直後)

BeforeUpdate(入力内容の確定直前)

Change(内容変更時)

Change(Tab-Multi)

Click(マウスクリック時)

Enter(フォーカス取得時)

Exit(フォーカス移動直前時)

Initialize(フォームの起動時)

QueryClose(フォームの終了時)

その他1 / その他2


・プロパティ

基本

(オブジェクト名)(コントロールの名前)

AutoTab(選択状態の自動更新)

BackColor(背景色)

BorderColor-BorderStyle(枠線の色と表示)

Caption(表示文字列)

ControlSourse(リンクさせるセル)

ControlTipText(ポップアップの文字列)

Enabled(操作の有効無効)

EnterKeyBehavior(Enterキーの動作)

Font-Forecolor(表示文字列の色と種類)

Height-width(高さと幅のサイズ)

Left-Top(表示位置)

Locked(編集の有効無効)

MaxLength(文字数の制限数)

MultiLine(改行の有効無効)

ScrollBars(スクロールバーの表示設定)

ScrollHeight-ScrollWidth(スクロール可能な範囲)

ShowModal(ユーザーフォームの操作方法)

SpecialEffect(枠線の種類)

StartUpPosition(ユーザーフォームの表示位置設定)

TabIndex-TabStop(選択の順番と有効無効)

Tag(識別用設定値)

TakeFocusOnClick(クリック時のフォーカス取得)

TextAlign(文字列の横揃え位置)

Visible(表示、非表示)

Zoom(表示倍率)


・作成例

フォームの範囲外をスクロールバーで表示する

オプションボタンで選択されたものを見つける

選択項目によって説明文を切り替える

フォームの自動サイズ調整をする

コントロールのフォーカスを移動する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空白のセルに移動する

解説動画


リストにデータを入力編集する際に、空白のセルを検索して
そのセルからデータを入力するような場面で使う処理です

指定のセルから下方向に空白のセルを検索します
見つかったセルを選択状態にします

Sub 空白探し()

Dim ループ回数 As Long
Range("A1").Select
Do Until ActiveCell.Offset(ループ回数, 0) = ""
ループ回数 = ループ回数 + 1
Loop
ActiveCell.Offset(ループ回数, 0).Select

End Sub


処理としては、変数は整数型でこの変数は改行数値となります
つまり行数=ループ回数となります
これは、セルの選択をしないための方法です
セルの選択をした場合、この処理では7秒ほどかかりました
画面更新を無しにすると、0.7秒ほどでした
選択をしない方法だと、0.09秒ほどでしたので、圧倒的に処理速度が速いです

セルの選択無し処理は、処理速度は速いのですがデバッグ時に細かい動きが確認できない点がありますので
動きの確認をしながら作成する場合は、一旦選択ありの処理で作ったほうが無難かもしれません

ちなみに、処理2行目の「Range("A1").Select」を変更すれば、開始セルを変更できます
この行を削除すれば、アクティブセルからの開始ともできます

スポンサーサイト


 | トップに戻る |  前の記事へ


トップに戻る

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

Copyright © 田中大五郎のExcelVBAばなし All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。