FC2ブログ

超入門Excel関数・VBA

エクセルVBA

・基本

基本

マクロの記録

マクロの実行

記録したマクロの統合・呼び出しを行う

VBA編集画面に関して

VBA編集画面のツールバーの設定

オプション設定に関して

処理の新規作成・削除、保存と読込に関して

標準モジュールとプロシージャについて

処理のテスト方法(ステップイン)

処理のテスト方法(入力カーソルを使用する)

処理のテスト方法(再生と停止)

イミディエイトウィンドウに関して


・セル関連

セルの指定(アクティブと選択の違い)

セルの指定(範囲指定)

選択の基本2

選択範囲を追加する

セルへの値入力の基本1

セルへの値入力の基本2

移動の基本

情報を取得する

コピー、切り取り、貼り付け

挿入

選択の応用

空白セルに移動する

範囲内に空白以外のデータがあるかを調べる


・変数関連

基本 / 宣言の基本 / 宣言の基本2 / 宣言の基本3

変数型の詳細 / 変数の重要な話

計算をする


・If、Select分岐関連

If分岐 基本 / Select分岐 基本


・ループ処理関連

基本

Do Until(成り立つまでループ)

Do While(成り立つ間ループ)

Do 途中判定と応用

For 基本

変数で回数を指定する

空白や指定した列、行数までの移動


・メッセージ表示関連

メッセージを表示する

文章入力に関して


・イベント関連

基本 / ブック / シート


・ファイル、フォルダ関連

同じ箇所にフォルダを作成する


・関数関連

Fix関数


・その他

ユーザー関数 volatileの注意点

オフセットとセルの結合に関して 参照する時等

オフセットとセルの結合に関して 移動する時


・実践

アンケートシートを作成する1 / ←2

←3 / ←4

VBAユーザーフォーム

・基本

基本


埋め込み型

・フォームコントロール

ボタン

コンボボックス

リストボックス

チェックボックス

オプションボタン

スピンボタン

スクロールバー

入力フォームを作ってみる(概要説明)

入力フォームを作ってみる(氏名、管轄)

入力フォームを作ってみる(売上集計日)

入力フォームを作ってみる(商品情報)

入力フォームを作ってみる(実データの入力範囲)

入力フォームを作ってみる(登録処理の作成)

入力フォームを作ってみる(仕上げ)


表示型

・基本

基本(フォームの新規作成方法)

コントロールの位置とサイズ調整方法

複数のコントロールの位置とサイズ調整方法

コントロールのレイヤー設定

コントロールに処理構文を作成する


・コントロール

スピンボタン


・イベント

基本

AfterUpdate(入力内容の確定直後)

BeforeUpdate(入力内容の確定直前)

Change(内容変更時)

Change(Tab-Multi)

Click(マウスクリック時)

Enter(フォーカス取得時)

Exit(フォーカス移動直前時)

Initialize(フォームの起動時)

QueryClose(フォームの終了時)

その他1 / その他2


・プロパティ

基本

(オブジェクト名)(コントロールの名前)

AutoTab(選択状態の自動更新)

BackColor(背景色)

BorderColor-BorderStyle(枠線の色と表示)

Caption(表示文字列)

ControlSourse(リンクさせるセル)

ControlTipText(ポップアップの文字列)

Enabled(操作の有効無効)

EnterKeyBehavior(Enterキーの動作)

Font-Forecolor(表示文字列の色と種類)

Height-width(高さと幅のサイズ)

Left-Top(表示位置)

Locked(編集の有効無効)

MaxLength(文字数の制限数)

MultiLine(改行の有効無効)

ScrollBars(スクロールバーの表示設定)

ScrollHeight-ScrollWidth(スクロール可能な範囲)

ShowModal(ユーザーフォームの操作方法)

SpecialEffect(枠線の種類)

StartUpPosition(ユーザーフォームの表示位置設定)

TabIndex-TabStop(選択の順番と有効無効)

Tag(識別用設定値)

TakeFocusOnClick(クリック時のフォーカス取得)

TextAlign(文字列の横揃え位置)

Visible(表示、非表示)

Zoom(表示倍率)


・作成例

フォームの範囲外をスクロールバーで表示する

オプションボタンで選択されたものを見つける

選択項目によって説明文を切り替える

フォームの自動サイズ調整をする

コントロールのフォーカスを移動する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イミディエイトウィンドウ

イミディエイトウィンドウとは、主にはデバッグ時に使用しますが
そのウィンドウ内でも、Enterキーで改行を行うことで簡単に1行の構文を実行できます
処理の後半を作成中に、この1行が実行するとどうなるかを確認することもできるわけですね

なにより、効果を発揮するのがループのデバッグ時になります
ループの回数が大量にある場合、1つずつ結果の確認などを行うのは時間がかかります
ですが、イミディエイトウィンドウに結果を入力していくことで
処理終了後に改めて、ループ処理の履歴が確認できます


イミディエイトウィンドウの表示方法です
イミディエイト1
1.メニューの「表示」を選択
2.イミディエイトウィンドウを選択


もしくは、画像にあるように「Ctrl+G」でも表示できます

コードウィンドウの下に表示されます


イミディエイト2
まずは、画像のように構文を入力してみましょう
まだ入力カーソルは構文行にあります

この状態で「Enterキー」を押下してください
それがこの行の構文の実行開始となります


イミディエイト3
実行した結果のセル状態です
「だいごろ」の文字列が入力されています

当然ですが、Enterキーで実行なので複数行まとめての実行はできません
だいごろはこういった、動作の確認はあまりしませんが
よく使うのは、イベント実行無効を無効状態にした状態でデバッグに入った際によく使います
無効を解除しないと、プロシージャが終了してもイベント実行無効の状態になります
なので、ここに解除の構文を入力しておき、任意のタイミングで簡単に無効を解除できます
この話が理解できない人は「こんな使い方もあります」というレベルでいいですw


次に、イミディエイトウィンドウ内では状態の確認も可能です
イミディエイト4
状態の確認をするには、確認をする対象の前に「?」を入力します
画像では、Range("A1")の値の状態を確認します


イミディエイト5
実行の時と同様に、Enterキーの押下にて状態の取得が実行されます

次の行に、取得内容が入力されます
先ほど、「だいごろ」と入力しているので取得されたのは「だいごろ」となっています


また、デバッグ時に使用するものなので
デバッグモード時でも、同様の操作が可能です
イミディエイト6
ループを何度か繰り返した後に、イミディエイトウィンドウに変数の内容を取得させています
画像では、ループが58回繰り返された状態で停止しているのが分かります


次の内容が最も重要なのですが、
プロシージャの実行中の任意対象の状態をイミディエイトウィンドウに出力させることです

Debug.Print 出力内容

この形式の構文で出力させます
イミディエイト7
例では、ループ回数をループするたびにイミディエイトウィンドウに出力しています

こうすることにより、ループを行った変数などの変化の履歴が確認できます
1000回ループした中で、うまくいかない回があったとして
それをステップインで確認していくのは困難です
イミディエイトウィンドウで変化の履歴を確認することで、その箇所を容易に特定できます
とはいえ、行数の制限が200行なので
それ以上になると、1行目から消去されていきますので注意しましょう

イミディエイトウィンドウは、使用に慣れると
これほど便利な機能は無いと思うはずですよ~

スポンサーサイト


 | トップに戻る |  前の記事へ


トップに戻る

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

Copyright © 田中大五郎のExcelVBAばなし All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。